侵略ははじまっている。

経済と投資

そいえば、トワナナさんは仮想通貨を保有するようになった。

元々は悪いイメージが強かった。
よく言われる株式のように裏付け資産がないという言い分には納得できたし、ソーシャルメディアで有名人が煽るだけで価格が大きく変動する「代物」を通貨や資産としては扱えないと考えていた。

トランプ前大統領も否定的だったっけ。

memo

グローバル5.5倍バランスファンド(1年決算型)20221101
基準価額:6,628円 / 前日比(円)-157円 / 前日比(%)-2.31% / 純資産総額65.3億円

日経平均:27,678.92円 / ドル円:147.29 円

ダウ平均:32,732.95 / ナスダック総合指数:10,988.15 / S&P500指数:3,871.98

diary

それなら何故心変わりしたの?といえば。
今年のあの出来事がきっかけ。

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻。

ニュースで戦争が始まったことを知り、その理由が詭弁だと分かった時。
誰かの野心で、誰かの一方的な正義で、世界の秩序がいとも簡単に壊れてしまうと知った。
基軸通貨と有価証券の他に、何かを持っておこうと思った。
例えば移動するための費用であったり、数日間生き延びるための費用程度でも。
いくつかの選択肢を持っておいた方がよいって思った。

そんな事態は備えてもしょうがないとは頭ではわかっているし。
その資金を仮想通貨へと向けても資金を目減りさせるだけ、いや、もしかしたら全額ショートするかもしれない。

証券会社の中のひとたちは最もらしい言葉を重ねて勧誘をするし、キナくさいインフルエンサーが買い時を煽る。

そう。わかっている。
あのひと達は「それでお金を得られるから商材として仮想通貨という題材にさも価値があるかのように語っている」だけ。

1年で壊れる電化製品をさも素晴らしいものであるかのように売りつける家電メーカーのサラリーマンと大して変わらない。
愛想笑いで避けておくのが正解。

で。それでも仮想通貨を保有する経緯は非常時への備えという考え。

保有するからには調べないと納得できないので、色々と調べてみる。
保有しない理由は既に沢山もっている。
逆に。保有するべきだとする根拠が「宣伝すると儲かる」以外の点について。

まずは気になるのが裏付け資産の点。

これに関してはちょっと違うような気がしているので、会社法人と仮想通貨を比べてみる。

会社法人は株式を発行し、証券取引所で販売することで運営資金を得る。
また、サービスを提供することで利益を得る。
つまり、取引所での資金調達と、サービスによる経営の2軸によって成り立つ。

対して仮想通貨は?
仮想通貨の取引所でICO制度などを使い、コインを販売することで運営資金を得る。
また、サービスを提供することで利益を得る?

そうだ、この部分で疑問符が付くことが「仮想通貨は裏付け資産を持たない」とされている点であり、株式との差異。

この考えは半分間違いで、半分あっていると思う。
仮想通貨は何かを実現するための技術によって体をなしている。

ブロックチェーン技術のような履歴をパブリックに残す仕組みなど、その技術を既存の技術と置き換えることや、その技術を用いることで実現できることをサービスとすることで価値が生まれる仕組みになっている。

仮想通貨の取引所で売買されるコインは株式における有価証券と違わない。
元となる「それ」の価値や現在の期待を表しているにすぎず、「それ」が利益を稼ぎ出す仕組みとは切り離された存在。発行元に利益が入るのは発行したタイミングのみで、それ以降の売買では利益にならない。

(同じという議論になるとリップルみたいに「じゃーそれ有価証券じゃん、証券取引所で売れやぼけー」って訴えられるから同じだということにはしてはいけないみたい。面倒だね・・。)

有価証券もまた、株主の思惑で価格が動く。誰かの発言で価値を大きく動かすこともある。
結局は程度の問題で、法的な整備がどこまで整っているかの違い。
今後、仮想通貨の価格操作に対する規制や法整備が進むのであれば、状況は変わってくると思う。

整理すると。

仮想通貨は技術を根拠にした価値を提供するもので、ICO制度を使うなどしてコインを発行して資金を得る。
根拠となる技術は既存のサービスへの置き換えや新たなサービスを構築することができ、それによって利益を生み出すことができる。

つまり、取引所での資金調達と、サービスによる経営の2軸によって成り立つとも言える?

仮想通貨の場合、仮想通貨の発行元が直接サービスを提供するケースは少なく、いうなればライセンスビジネスのようなものと捉えると分かり易い気がする。
「この技術を使えば今の仕組みより20%時間が短縮されますよ、代わりに手数料頂戴ね」的な。
その結果「あのサービスに使われる技術すげー、コイン買おう」となる。みたいな。

とか。まとめるのは乱暴だとは思う。
けれど、サービスに転用され、またはサービスを作り出して価値を生み出すという点では会社法人と変わらないのではないかなって。

それなら、投機のための手段ではなく価値の定義ができるのではないかなって。
学びの過程で思ったんだ。

タイトルとURLをコピーしました