こんにちわ、Stella。

オペレーションすてら

詳しい日付はメモしていなかったのだけれど、最も古いバックアップ・ファイルの日時を見る限りでは2020年12月31日。最初のコードからもうすぐ2年。

プログラミングによる株式の全自動売買ができるようになったのは今年の頭くらい。
ポンコツなので勝率3割くらいだけれど。

相場中にデータを収集し、分析。戦略を立て、発注を行う。
フルスクラッチのリアルタイム株式自動売買戦術プログラムStella試作1号機。

1年前は、完成しないのだろうと思っていた。トワナナさんには才能がないから。

memo

グローバル5.5倍バランスファンド(1年決算型)20221107
基準価額:6,305円 / 前日比(円)-379円 / 前日比(%)-5.67% / 純資産総額62.3億円

日経平均:27,199.74円 / ドル円:146.72円

ダウ平均:32,403.22 / ナスダック総合指数:10,475.26 / S&P500指数:3,770.55

diary

Stellaは証券会社さんが提供するシステム・トレードを実現するためのサービスがあって、それを使って実現している。
実行環境に制限は多いけれど、開発環境にはほぼ縛りがないので比較的自由度が高い。

界隈を調べてみたこともあるのだけれど、REST APIを使うのはどちらかというとマイノリティーっぽかったので、調べるのは止めた思い出。いいんだよ、ぼっちだし。
ひとと同じを選ぶ必要性はないし。質問ならGithubにすればいい。

世間的には、株式の売買を厳格なルールに沿って行うことをシステム・トレードと言うらしく。
その実現方法がプログラミングである必要はないとのお話。

ただトワナナさん。
プログラミングによって自動化したいと思ったんだ。

くやしかったから。

この感情を説明するために、文章を沢山書いた。
沢山、沢山、感情を言葉にしてみた。

でも。それは他人に見せる感情ではなくて。

そこまでアレなお話ではなく。
理由を書きたくて、でもそれはひとに見せたくない感情だったんだなって。
だから色々すっとばしてしまうけれど。
アンチ・アルゴリズムのコードが用意できるなら。

立ち向かうことが出来るかも知れない。

プログラムを書こう。
Stellaを作ろうと、思ったんだ。

タイトルとURLをコピーしました