星にねがいを、オカネガフエマスヨウニ。

経済と投資

ほぎゃー!!仮想通貨が下落してるうううう!!な、何が起きてるのさーって調べてみたら、どうも大手の取引所で取り付け騒ぎが起こり出金停止が起きているそうで。
もう、取引所が金庫抱えたまま大気圏落下しながらゴーゴー燃えている感じ。預かり資産ごと燃え尽きるるるう・・みたいな。

なので、「仮想通貨やべー!にげろおおおおお!!」ってなってるんだって。
うへー。ヤンキーども祭りごとスキすぎだろう・・。

国内の金融業者であれば信託保全があるから顧客の資産は守られると思うけれど、海外の取引所なんだね。ううむ、規制されないことが長所と自慢してたわりには網目の荒いザル具合。

memo

グローバル5.5倍バランスファンド(1年決算型)20221111
基準価額:6,502円 / 前日比(円)-23円 / 前日比(%)-0.35% / 純資産総額64.6億円

日経平均:27,446.10円 / ドル円:141.87円

ダウ平均:33,331.79 / ナスダック総合指数:10,907.70 / S&P500指数:3,898.83

diary

トワナナさんが保有する仮想通貨も、えーっと、あれ?
大分戻してる?20%くらい下落していたような気がしたけれど。今みるとそれほどでもない。12%くらいかな。朝とかお昼に見た時はギャグみたいなバーゲンやってたのに。意外とみんな冷静なのね。も少し買えばよかった。

そだそだ。トワナナさんが気になっている仮想通貨にステラルーメン(XLM)というコインがあって。

英語でStellar Lumens。直訳すると星の明るさの単位?なのかな。
よく蛍光灯とかで明るさを表す単位でもルーメンは使われているよね。牧師さんが悪魔祓いする方の映画はオーメンって書こうと思ったけれど、みんな思ってる気がするのでやめておく。

麺類の・・、もやめておこう。

ステラルーメンはリップル(XRP)と同じ中央集権型で、非営利団体のステラ開発財団によって運営、管理がされている。(リップルはリップル社が管理してる)
これまたリップルと同様に銀行の送金システムに使われており、WikipediaによればIBMの銀行送金プロジェクトで使われているって書いてある。はえー、こんなところにIBMが。

リップルと組成が被るのは、ステラルーメンの開発者が元リップル社の人間だったそう。
企業間向けにサービスを提供するリップルと、個人間向けにサービスを提供するステラルーメンの趣の違いは、中のひと的に(あちょー)とかあるんだろうなーって、ぼんやり。

最初に仮想通貨を調べた時にはリップルも同様な仕組みなので気になったのだけれど、その時は既に米証券取引委員会(SEC)と訴訟中だったので、訴訟が決着つくまでは距離を置いたお付き合い。勝てるとよいね、リップル。

そうそう。最初に購入したのはアレだ、えーっと、マネックス証券さんのポイントサービスだったんだよ。ああ、うん。唐突にステマはじめるけど。

マネックス証券さんのポイントサービスがあって。投資信託をカードで購入したり、保有したりで貰えるポイント。昨今よくあるやつで。色々なポイント交換ができるのだけれど、その中に仮想通貨が含まれていて。

当時トワナナさん、グローバル5.5倍バランスファンドもマネックス証券で保有していたのでポイント貯まっていたんだ。
で、メールだかで期限切れちゃうよーだったかな?連絡もらって。ああ、使わないともったいないなって。
その時交換対象に仮想通貨があることを知り、ビットコインとイーサリアムとリップルかな。3つ選べる。200ポイント以上で交換できるから、今ならカード積立て満額5万円で550ポイント(?)で毎月仮想通貨と交換できる。

その時は結局、どれか1つ決められなく3つに分けて交換した。
どれか増えるといいなーみたいな。

あ、マネックス証券で仮想通貨を直接取り扱っている訳ではなくて。マネックスグループ傘下のCoinCheckという取引所に口座を開いて連携させるとポイント交換で仮想通貨を選べるみたいな感じ。その時は「仮想通貨はじまったな!」とかひとりで盛り上がってたので、勢いでCoinCheckの口座開設もした。

CoinCheckかー、CoinCheckねー(遠い目。
言いたいこと山ほどあるんだよ。不祥事多いし、スマホアプリはタコだし、サイト使いにくいし、損益わからないし、積み立ては1銘柄1万からとか、もうね、〇ほじゃないかと。やる気のなさが脇からぶしゃーって漏れてる。

ああいかん、ステマね、ステマ。
わーCoinCheckサイコー!つかいやすーい(棒。

何かヒドイ話になっちゃうので何か、ええと。

ステラルーメンでもう1コ、気になっていることがあったので最後に。
2021年だったか、ウクライナ政府と同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発でステラ開発財団がパートナーシップを結んだという話題があって。
詳しくは検索してもらえばその当時のニュース記事が出てくると思う。

いつか平和を取り戻した日に。
ステラルーメンが街の復興と発展に貢献するといいなって。ぼんやり思ったんだ。

タイトルとURLをコピーしました